経済・企業

第15回 グリーンツーリズムでアウトドア需要増=ゼノデータ・ラボ

     都市部から離れた農村や漁村への旅行を通して、自然・文化・人々と触れあう「グリーンツーリズム」。

     元々はヨーロッパから始まった活動だが、日本でも農林水産省が法整備に注力し始めたのが1990年代と、古くから提唱されてきた。

     近年では教育の一環としての体験型授業や、地域活性化、訪日観光客の呼び込みの手段として再度注目を集めている。

     今回は「グリーンツーリズムの普及」が国内上場企業に及ぼす好影響の度合いを、AI業績予測システム「ゼノブレイン」で分析し、影響度合いが大きい順に並べた(表)。

    残り493文字(全文736文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事