マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 経済回復期待で5月まで株価好調=三井郁男

     コロナ対策のため、超緩和的な金融政策と巨額の財政出動で世界の経済は下支えされ、少なくとも来期業績見通しが発表になる5月ごろまでは良好な市場環境が続く可能性が高く、株式市場は市場予測以上に強い展開が続くだろう。

     緊急事態宣言が延長されたことで、宣言解除後の再感染拡大のリスクはワクチン接種も始まり低下するだろう。1~3月に景気は二番底を付けるだろうが、先行き見通しの改善も見込まれ、経済正常化を先取りする動きも続きそうだ。

     各国では、コロナ後の持続的な成長に向けた戦略が策定され実行に移り始めている。特に環境関連投資は日米欧に中国も含めた共通の国策で、技術革新や開発投資に企業や国の資金投下が続く。関連企業の優劣が見えるまでは、関連企業の株価が上乗せされやすく循環物色が続くだろう。

    残り507文字(全文848文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事