経済・企業深層真相

アサヒGHDのトップ交代 国内首位陥落で「ケジメ」

 アサヒグループホールディングス(GHD)の小路明善社長兼CEO(最高経営責任者)=写真=が3月25日付で代表権のない会長に退く。次期社長兼CEOには勝木敦志専務兼CFO(最高財務責任者)が就く。この人事を巡り、「国内のビール類シェアでキリンに11年ぶりに首位の座を奪われたケジメを付けた」(業界関係者)との声が出ている。

 2016年3月にトップとなった小路氏は、ビール4社の中で国内依存度が高い状況に危機感を持ち、海外ビールメーカーを相次いで巨額買収。その結果、海外比率は一気に高まり、「グローバルメーカーの仲間入りをした」と胸を張ったが、その代償で国内では苦戦が続き、キリンに王座を奪還されてしまった。

残り171文字(全文474文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事