資源・エネルギーバブルか? 暴落か? 世界経済入門

何が起きるか5 穀物暴騰 中国爆買いで大豆「一粒も無くなる」=柴田明夫

中国に輸出されるブラジル産大豆(サンパウロ)(Bloomberg)
中国に輸出されるブラジル産大豆(サンパウロ)(Bloomberg)

 国際穀物価格が7年半ぶりの高値水準にある。指標となる米CBOT(シカゴ穀物取引所)の先物市場の価格は、大豆が昨年4〜6月ごろは1ブッシェル=8ドル台だったが、1月12日には14ドルを突破。小麦も同4ドルから6ドル台後半、トウモロコシは同3ドルから5ドル台半ばにまで急騰した。

 しかし、需給は逼迫(ひっぱく)していない。米農務省が2月9日に発表した2020/21年度(20年後半~21年前半)の世界の穀物生産量は27億トンを超え、5年連続史上最高を更新し、過去最高の豊作となる見通しだ。

 十分な供給にもかかわらず穀物価格が高騰しているのはなぜか。コロナ禍終息後の「穀物需要急拡大」を見据えた先物買いの急増もあるが、最大の要因は「中国の爆買い」だ。

残り1137文字(全文1460文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事