資源・エネルギーバブルか? 暴落か? 世界経済入門

中国の深層1 食料不足 自給率急減 21世紀に輸入6倍増=高橋五郎

中国では食糧不足の懸念が強まっている(Bloomberg)
中国では食糧不足の懸念が強まっている(Bloomberg)

 世界の穀物生産量を見ると、小麦の70%、コメの85%、トウモロコシの81%、大豆の97%を、中国や米国、ブラジルなど広大な国土面積を持つ10カ国が独占している(2017年時点)。わずか10カ国の「食料輸出大国」に、残りの186カ国・地域が依存する。

 なかでも中国は生産量、消費量ともに世界一。コメ(27%)、トウモロコシ(23%)、小麦(18%)など4品目の穀物生産量は合計で世界の21%を占める。年間の穀物生産量は6億トン強、1人当たり450キログラムを超える計算だ。

 しかし、中国にとっては国内消費量と比べると、どれも十分な生産量ではない。特に、消費量が年1億トン強にのぼる大豆は、その大部分を輸入に頼っている。問題は、近年、中国で食料不足の度合いが深刻さを増していることだ。

残り830文字(全文1171文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事