資源・エネルギーバブルか? 暴落か? 世界経済入門

何が起きるか6 原油反落リスク 60ドル安定も産油国亀裂なら30ドル台=大越龍文

原油価格を押し上げた協調減産を維持できるか(Bloomberg)
原油価格を押し上げた協調減産を維持できるか(Bloomberg)

 原油価格が上昇してきている。金融市場などでは、原油価格の上昇と予想される世界景気の回復が重なり、インフレが強まるのではないかとの懸念が浮上している。

 原油価格は基本的に世界の原油需給を反映する。現在、世界の原油需給は供給不足となっている。

 ただし、世界景気は緩やかな回復にとどまり、コロナ禍で減退した原油需要は回復しつつも、コロナ禍前の水準には戻っていない。過去には需要の増加が需給を引き締め、原油価格を押し上げることもあったが、現在はOPEC(石油輸出国機構)と非OPEC主要産油国で構成されるOPECプラスの協調減産によって供給が不足し、原油価格に上昇圧力がかかっている。

 今後、新興国の自動車の普及が原油需要を増加させ、原油価格に影響し始める可能性はあるが、それまでにはまだ時間がかかろう。

残り898文字(全文1247文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事