資源・エネルギー資源高 襲来!

トウモロコシ、大豆、小麦 中国が世界の穀物を食い尽くす 軒並み6~7年ぶりの高値に=吉田哲

    上海の穀物卸売市場では、海外から輸入した大量の大豆が販売されている(Bloomberg)
    上海の穀物卸売市場では、海外から輸入した大量の大豆が販売されている(Bloomberg)

     <市場の今は?これからは? 【商況編】>

     穀物相場が高止まりを続けている。

     米農務省(USDA)は昨年11月、トウモロコシや大豆などの米国内の2020/21年度(20年9月~21年8月)の期末在庫が、軒並み13/14年度来の低水準になるとの見通しを発表した。米国の穀物を食い尽くそうとしているのは中国だ。18年のアフリカ豚熱(ASF)で大打撃を受けた養豚産業の立て直しを図るため、飼料となる穀物の輸入を急拡大させているという。

     産地の悪天候への懸念などから、既に価格水準を切り上げ始めていた穀物相場は、この発表に大きく反応した。世界規模の金融緩和によってだぶついた資金が、先物市場にも流入。国際価格の指標となるシカゴ先物市場(期近)で、トウモロコシは日を追うごとに上昇し、1ブッシェル(国際市場の取引単位、約25キロ)=5・5ドル付近で高止まりした。13年夏以来、およそ7年9カ月ぶりの水準だ。底値から反発を始めた20年7月時…

    残り2019文字(全文2433文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事