資源・エネルギー資源高 襲来!

工業金属&ゴム 銅・ニッケル・アルミ・スズ 中国建設市場過熱で品薄感=新村直弘

     <景気敏感資源にマネー流入 7年ぶりの高値が相次ぐ>

     非鉄金属の国際価格が軒並み水準を切り上げている。世界的な株高を背景に、景気動向に敏感な金属に、投機マネーが流れ込んでいる。現在の価格は、中国の輸入の急増、いわゆる「爆食」によって資源不足が叫ばれた2000年代前半や、08年のリーマン・ショック後に中国政府が4兆元の経済対策を打った時と同じ水準である。

     非鉄金属価格のベンチマークである銅は、新型コロナウイルスの感染拡大が始まって間もない昨年3月、需要減によってロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物が1トン当たり4371ドルまで下落したが、現在1万ドルを目指す展開となっている。アルミニウム価格も当時の1・5倍に上昇、ニッケルも7年ぶりの高値を付けている。スズは一時、8年ぶりに2万5000ドルを超えた。足元はドル高進行で調整しているが、それでも非…

    残り874文字(全文1252文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事