資源・エネルギー資源高 襲来!

工業金属&ゴム 白金 燃料電池車向けに需要増=田栗満

 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で2月15日、白金(プラチナ)の価格が2014年9月以来6年5カ月ぶりに1トロイオンス=1300ドルを付け、市場を沸かせた。

 かつては金を上回る価値のあった白金は14年以降、大きく価格を落としてきた。きっかけは、南欧諸国のデフォルト(債務不履行)危機だ。ディーゼル車の排ガス浄化触媒に使われる白金は、欧州における需要が高く、欧州経済の影響を色濃く受ける。18年にはトランプ米政権下で米中摩擦が激しくなり、景気後退懸念から800ドルを下回る水準まで下落した。

 しかし、排ガス規制強化の後押しもあり、19年後半には1000ドルを回復。20年に入ると新型コロナウイルスの感染拡大によって、主産国のアフリカなどで供給量が減少し、白金相場に連動するETF(上場投資信託)でも20年10月、残高が前年同月比20トンを超える伸びを見せた。国際調査機関の需給報告によると、19、20年と2年連続で需要が供給を上回り、21年も需要の1%に相当する2トンの供給不足が生じると予…

残り663文字(全文1116文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事