資源・エネルギー資源高 襲来!

工業金属&ゴム 天然ゴム 医療用手袋の需要増加=菊川弘之

 新型コロナウイルスの感染拡大で、タイヤなどの原料にもなる天然ゴム市場は医療用手袋という新たな需要によって、早々に価格が上昇した。ゴムの採取は労働環境が劣悪ないわゆる「3K」職場で、タイ、インドネシアなどの生産国では、海外の安い労働力(ミャンマー、カンボジア人など)への依存度が高まっている。コロナで海外の労働力の入国が制限されたことも、供給減の一因となった。

 昨年来、ラニーニャ現象による洪水被害も多発しており、さらなる生産減が見込まれている。2010年にエルニーニョ現象に続いてラニーニャ現象が発生した際は、東京工業品取引所(現在は大阪取引所での取引)のゴム先物(RSS、期先)で1キロ当たり500円台の最高値を記録した。

残り140文字(全文453文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事