資源・エネルギー資源高 襲来!

工業金属&ゴム 鉄鉱石 中国の増産で一段高必至=細川隆一

     新型コロナウイルスの感染拡大で、1年前は先の見えない需要急減に直面していた鉄鋼業界。一転して、2021年は資源高と需給逼迫(ひっぱく)で鋼材価格には暴騰の兆しが漂っている。

     まず鉄鋼生産で使われる鉄鉱石価格が急上昇。コロナの影響で世界中の鉄鋼メーカーが減産へかじを切った昨春時点では、鉄鉱石価格は1トン当たり80ドル台だった。いち早く経済活動を再開した中国が鉄鉱石の調達を増やし、国際価格はさほど下落しなかった。

     その後、中国は鉄鋼増産に拍車をかけ、日本やインド、欧米でも生産が回復。20年の世界の粗鋼生産は前年比0・9%減の18億6400万トンで、過去最高だった前年とほぼ変わらなかった。20年7月以降は前年比で増加傾向が続いている。これにより、鉄鉱石価格は一気にコロナ前を上回っていく。今年に入ると12年5月以来となる140ドル台へと上昇し、今後も一段高が必至となっている。

    残り726文字(全文1116文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事