マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 内需・景気敏感株が相場を主導=三井郁男

     株式市場は、今年に入り米国長期金利の上昇が続き成長株の株価を抑えたが、割安株や景気敏感株は底堅い動きとなった。年度末にかけて利食いや年金などの組み入れ比率調整の売りが続いたが、新年度は「景気回復・好調な業績」という好環境が株価を下支えするだろう。

     3月の日銀短観では、大企業製造業の業況判断指数(DI)は3四半期連続改善のプラス5で、コロナ前の水準に回復。先行きは自動車が減産する影響などでプラス4とわずかに低下する見通し。2月の鉱工業生産指数は自動車の減産が響き前月比2・1%減で2カ月ぶりにマイナスだ。世界的な半導体不足に車載向け大手ルネサスエレクトロニクスの火災の影響で、目先の供給不足は懸念要因だ。しかし、世界的に景気回復傾向は鮮明で、自動車や産業機械などの…

    残り503文字(全文837文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事