週刊エコノミスト Online

保育士賃金の「見える化」で保育園の“ピンハネ”経営浮き彫りに=小林美希

    「子どもたちの最善」を考える必要がある(本文とは関係ありません)
    「子どもたちの最善」を考える必要がある(本文とは関係ありません)

    「私の年収は約360万円。人手不足で『やりがい搾取』の状態です。本来もらえるはずの年収との差が200万円近くあるなんて、想像もしていませんでした」

     東京23区内の認可保育園で働く保育士の優子さん(仮名、38歳)が驚いた。それというのも、国が予算づけている保育士の賃金と実際の賃金との差額が分かるようになったからだ。

     認可保育園には税を主な財源とした公費が運営費として入るため、国は保育士などの職員1人当たりの賃金額(賞与や諸手当を含む、処遇改善費や法定福利費は含まない)を全国平均値で通知してきた。その通知が初めて改定され、2021年度からは八つに分かれた地域区分ごとの賃金額が示されることになったのだ。最も高いのは特別区(東京23区)の約442万円。次いで、横浜市や大阪市などの地域の約427万円となっている(表…

    残り2277文字(全文2634文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事