法務・税務固定資産税に気をつけろ!

過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも自治体によっては「20年」=堀川裕巳

    固定資産税の課税の誤りは長期に及びやすい…… (Bloomberg)
    固定資産税の課税の誤りは長期に及びやすい…… (Bloomberg)

     固定資産税を誤って多く課税されることは珍しくないが、地方税法上は5年分しか返還されないことになっている。しかし、過去の判例なども受け、市町村(東京23区は東京都)によっては、独自の返還要綱を定めたうえで10年や20年までさかのぼって返還するところも増えている。地方税法上の時効が短いからとあきらめず、まずは自治体の対応を確かめたい。

     固定資産税は所得税や相続税のように納税者が税額を申告する「申告納税」方式ではなく、市町村(東京23区は東京都)が税額を決定する「賦課課税」方式である。そのため、課税に誤りがあっても、納税者自身が気づかない限り、長期にわたって見過ごされやすい。しかし、地方税法では市町村への返還請求の時効を、「請求をすることができる日から5年」と定めている。固定資産税の場合は納付日から5年と解釈されている。

    残り990文字(全文1353文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事