【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む ワクチン遅れで内需株再調整も=藤戸則弘

 新型コロナウイルス変異株が、世界で再び猛威を振るっている。インドのように1日当たりの新規感染者が30万人を超えるような事態も起こっており、こうなると各国はワクチン接種率を上げて、コロナ変異株に対抗せざるを得ない。ところが、肝心のワクチンは、膨大な世界の需要に供給が追い付かない状況だ。

 株式相場への影響では、各国ごとのワクチン接種率が景況感や消費者マインドに強く影響していることに注意したい。すでにワクチン接種者が累計で2億回を超えている米国では、ISM製造業・非製造業の景況指数がともに60を超える高水準で、消費者マインドも大きく改善している。

 足元では変異株の影響が厳しいユーロ圏も、遅れていたドイツでもワクチン接種者が2000万回を超え、ユーロ圏のマークイット景況感(総合)は50を超えている。これに対して、日本のワクチン接種者はようやく200万回台で、文字通りケタ違いの出遅れとなっており、ワクチン対応の不備は景況感の大きな重しとなっている。

残り434文字(全文860文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事