マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 米経済対策でEV関連など注目=三宅一弘

     米バイデン政権は4月末までの「就任100日間」に新型コロナのワクチン接種を加速させて、経済の立て直しのための大規模経済対策を一気に進めた。さらに7月の米独立記念日までに集団免疫を獲得し「コロナからの独立」を目指すとともに、インフラ投資やハイテク支援、教育・保育・医療支援などを柱とする総額4兆ドル(約440兆円)超の大規模経済政策の法案作成と早期成立を目指している。コロナを克服し、中間所得層の再生を通じて米経済を復興させながら、国際社会での優位性の回復を図る壮大な構想と言える。

     1980年代以降、ソ連の弱体化で東西冷戦に勝利した米国など西側諸国では減税や民営化、規制改革などを良しとする「小さな政府」志向が40年近く続いた。バイデン政権は、国内経済復興に加えて強大化する中国との覇権争いに打ち勝ち、脱炭素社会実現などを大義として「大きな政府」路線に大きくカジを切った。米政権のコロナ克服目標の達成度や求心力が高まる場合、大きな政府路線の現実味が増すだろう。

    残り419文字(全文850文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事