テクノロジー半導体 異次元の成長

キオクシア、ソニー、ルネサスは奮闘も日本半導体凋落は続く=服部毅

    ソニーは長崎の新製造棟を稼働
    ソニーは長崎の新製造棟を稼働

    長期凋落 キオクシア、ソニー奮闘も 世界で薄れる日本の存在感=服部毅

    拡大はこちら

     英国の市場調査会社OMDIAの調べでは、日本の半導体メーカーの2020年の売上高総額は、前年比1・6%増の434億ドルだったが、これは、世界全体の半導体企業の成長率10・4%より1桁低い。日本メーカーのシェアの9割近くを占める大手10社の平均成長率も、5・2%増と世界平均の半分だったが11位以下の中小メーカーは19・7%減という悲惨な状況だった。

     20年はコロナ禍により在宅勤務や遠隔学習の浸透による特需でデータセンターや高性能パソコン(PC)の需要が伸び、スマートフォンに関しては5G(第5世代移動通信システム)への世代交代が進んだことも追い風で、これらの最終製品で使われる半導体が大きく売り上げを伸ばしたが、日本勢はその恩恵にほとんどあずかれなかった。

    残り1944文字(全文2314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事