経済・企業半導体 異次元の成長

イメージセンサー、ソニーはサムスンの猛追に耐えるか=和泉美治

    4社診断 ソニー、ルネサス、ローム、キオクシアの決算を解剖=和泉美治

    ソニーグループ 中国向け撮像素子で巻き返し

     2020年度の連結純利益が前年比約2倍の1兆1717億円と初めて1兆円を突破した。原動力はゲームや音楽などのエンタメ部門だ。半導体部門は、売上高は前年比5・4%減の1兆125億円、営業利益は同38%減の1459億円と、過去最高だった19年度から減速した。

     世界首位のCMOSイメージセンサーはスマートフォンのカメラへの搭載が増え業績を伸ばしてきたが、19年度の好業績に寄与した中国の華為技術(ファーウェイ)向けの販売が米国の制裁の影響でブレーキが掛かった。ファーウェイに代わりスマホでシェアを伸ばしたOPPO(オッポ)、Vivo(ビボ)、シャオミ向けの半導体販売も、韓国サムスン電子に出遅れた。とはいえ、21年度でのシェア回復は可能だとソニーは見ている。…

    残り1720文字(全文2103文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事