テクノロジー半導体 異次元の成長

過去からの技術を集約したEUVでこそ強みが生きる=木村有仁・東洋合成工業社長

    インタビュー 木村有仁・東洋合成工業社長 EUVで品質要求が高度化 日本の化学の強みを生かす

     まだ日本が強いと言われるのが半導体の素材分野だ。半導体産業の成長の中でいかに立ち回っていくのか、注目メーカーのトップに聞いた。

    (聞き手=村田晋一郎/浜田健太郎・編集部)

    ── 露光工程で用いられるフォトレジスト(感光材)の原材料を手掛けており、2021年3月の決算はかなり好調だった。

    ■期初の段階では新型コロナウイルス感染症の経済への影響が懸念されていた。これまでITバブル崩壊やリーマン・ショックなど景気が悪くなると半導体の市況は悪化した。しかし、今回は逆にコロナでDX(デジタルトランスフォーメーション)が進展し、半導体業界の成長がかつてないほど加速している印象を受ける。当社の製品も最先端プロセスから成熟したプロセスの製品まで総じて売り上げが伸びている。

    残り1204文字(全文1580文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事