経済・企業半導体 異次元の成長

急所を抑えられた中国は半導体国産化を急ぐ=高口康太

    ファーウェイ以外のスマホメーカが攻勢に出る (Bloomberg)
    ファーウェイ以外のスマホメーカが攻勢に出る (Bloomberg)

    半導体 中国の反撃 制裁リスクに備え在庫確保へ 政府が半導体国産化の大号令=高口康太

    「やれやれ、半導体が足りない。ただの不足じゃない。極度の不足だ」

     中国スマートフォンメーカー大手の小米科技(シャオミ)の盧偉冰(ルー・ウェイビン)中国区総裁が2月24日、SNSに書き込んだ言葉だ。一部機種では生産台数を減少させざるを得ず、品薄になる事例も出ているという。また、シャオミは4月にスマートテレビの値上げを発表したが、半導体を中心とした部品価格の上昇が要因と説明している。

     2020年後半より車載用半導体の不足が注目されてきたが、今や半導体不足の影響はスマートフォンやIoT(モノのインターネット)デバイス、家電など、さまざまな分野に広がっている。さらに現在では品不足が品不足を招いている側面も否定できない。ドラッグストアでトイレットペーパーが買い占められるのと似たような、不安心理の連鎖だ。

    残り1999文字(全文2392文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事