経済・企業半導体 異次元の成長

米中摩擦の最前線、台湾の〝ゴッドファザー〟が待望される理由=野島剛

    半導体 台湾の選択 半導体は独立守る「盾」 高騰するTSMCの価値=野嶋剛

     地政学は複合的に動くものだ。世界レベルでの米中新冷戦が始まる前、中国と台湾はすでに「冷対抗」(冷たい対立)と呼ばれる状態にあった。2016年に誕生した台湾の民進党・蔡英文政権が中国と一定の距離を置く方針を掲げ、中国の習近平政権が強く求める「一つの中国」受け入れを拒んできたからだ。

     16年ごろの米中関係はまだ流動的な状態にあり、「冷対抗」は台湾海峡での局地的な「雨」にすぎなかった。だが、19年から米中関係が険悪化し、新冷戦が冷対抗に重なって局面が変わった。中国から戦闘機や軍艦による台湾への威嚇は日常化し、先の日米首脳会談で半世紀ぶりに「台湾」が言及された。地政学的競合の暗雲がタイムラグをつけて台湾海峡を覆い、雨は豪雨に変わりつつある。

    残り2238文字(全文2596文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事