経済・企業半導体 異次元の成長

半導体市場の動向と企業のシェア=編集部

    拡大はこちら

    データで見る半導体

     企業別売上高ランキングを見ると、上位5社の顔触れは19年と20年で変わらないが、生産が集中しているファウンドリー(受託製造)大手のTSMCが売上高を前年から3割伸ばした。また、クアルコムは前年の7位から6位に、エヌビディアが同10位から8位にそれぞれ順位を上げた。

     半導体市場は2017〜18年のメモリーバブルで成長が続いた後、19年は減少に転じた。20年は新型コロナウイルス感染症の拡大がDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速などで需要を増大させ、市場は成長に転じた。特にアジア太平洋地域と米国が成長をけん引した。

     20年の製品別市場では、ディスクリートと光素子が減少した一方で、DXで需要が増大したロジックICとメモリーが成長をけん引した。21年はロジックICとメモリーに加えて、ディスクリートや光素子も成長に転じる見込みで、すべての製品領域で成長が見込まれている。

    残り634文字(全文1039文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事