投資・運用

インフレヘッジとしてのJ―REITの魅力=鳥井裕史

    市場分析 インフレに強い金&REIT 不動産上昇でREIT恩恵 含み益率は過去最高水準=鳥井裕史

     2020年のJ-REIT(日本版不動産投資信託)市場は新型コロナウイルスの影響を受けて厳しい環境であった。東証REIT指数は20年2月に2200ポイント台半ばにまで上昇し、堅調に推移していたが、新型コロナの発生により同指数は同年3月に一時、1100ポイント台にまで急落、その後もさえない展開が続き、20年のパフォーマンスは東証株価指数(TOPIX)を大きく下回る結果となった。

     一方、21年に入るとJ-REIT市場は復調し、東証REIT指数は5月に入り2050ポイント前後の水準にまで回復した。コロナ禍においてはオフィス稼働率の低下やホテル市況の悪化に伴う賃料収入減少の一方、低金利環境の継続やインフレ期待から不動産価格は上昇を続けている。

    残り1038文字(全文1407文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事