投資・運用

日経平均株価 特定銘柄の影響が大きい難点 「500種平均」なら過去最高値=和島英樹

    日本株の実態を的確に表す指標とは…… (Bloomberg)
    日本株の実態を的確に表す指標とは…… (Bloomberg)

     日経平均株価は今年2月15日、1990年8月以来となる3万円台の大台に乗せ、「30年半ぶり」として大きなニュースにもなった。しかし、すでに昨年9月に過去最高値を更新し、現在も最高値圏で推移する日本株の指数がある。それは「日経500種平均株価」だ。日経平均と日経500種平均の違いを探ると、日経平均の抱える課題が改めて浮き彫りになる。

     日経平均は日本株を代表する株価指数として位置付けられ、個人投資家にもなじみが深い。日本経済新聞社が業種のバランスを考慮して東証1部上場の225銘柄を選定し、旧来の額面制度を引き継いだ「みなし額面」によって各銘柄の株価を旧50円額面に換算。225銘柄の株価合計を、銘柄入れ替えや株式分割・併合の影響を調整する「除数」で割ることで算出している。

    残り2422文字(全文2760文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事