投資・運用

金利上昇で緩やかな円安へ これからの為替相場の見極め方は=深谷幸司

    かつてのような円高にはなりにくい (Bloomberg)
    かつてのような円高にはなりにくい (Bloomberg)

    為替相場の見極め方 周期性を持つ米ドルの強さ 金利上昇で緩やかな円安へ=深谷幸司

     為替相場の動向は企業業績や株価に影響を与え、あるいは資産運用のパフォーマンスも大きく左右する。また、為替相場は経済動向、金融市場の状況など、さまざまな動きを映す鏡のような役割もある。日本の投資家が海外資産に投資する際、大半がドル建てでもあり、米ドルの動向からは目を離せない。特に注視したいのが、米ドルの相対的な価値を測る「ドル・インデックス」という指数の動きだ。

     米ドルに特徴的なのはグローバルキャッシュ、つまり世界の「基軸通貨」という側面だ。この基軸通貨の価値を測る尺度としてさまざまな指数が作られているが、なかでもニューヨーク証券取引所がリアルタイムで算出するドル・インデックスが速報性もあって最も分かりやすく、市場で注目されている。ユーロや円、英ポンドなど主要6通貨に対するドルの価値を加重平均した指数である。

    残り2334文字(全文2735文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事