投資・運用THE MARKET

原油は65~70㌦=柴田明夫

    原油 65~70ドルでもみ合い=柴田明夫

     米ニューヨークWTI原油価格は、6月に入り1バレル=68ドルを付けた。国際エネルギー機関(IEA)は5月の月報で、2021年の世界石油需要は、前年比で日量542万バレル増の9638万バレルまで回復すると予測している。

     ただ、イランの核合意を巡る協議が進展したとの報道が、上値を抑えている。

     石油輸出国機構(OPEC)の5月月報によると加盟13カ国の4月の原油生産量は日量2508・3万バレルで、前月から2・6万バレル増加。イランの産油量は239・3万バレルで、前月比22・6万バレル増加した。イランでは核協議が進展し、原油輸出が再開されれば、需給が緩む恐れがある。6月の大統領選挙に向けて、対外強硬路線のライシ師への候補一本化が進んでいる。

    残り117文字(全文458文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事