投資・運用THE MARKET

原油は65~70㌦=柴田明夫

    原油 65~70ドルでもみ合い=柴田明夫

     米ニューヨークWTI原油価格は、6月に入り1バレル=68ドルを付けた。国際エネルギー機関(IEA)は5月の月報で、2021年の世界石油需要は、前年比で日量542万バレル増の9638万バレルまで回復すると予測している。

     ただ、イランの核合意を巡る協議が進展したとの報道が、上値を抑えている。

     石油輸出国機構(OPEC)の5月月報によると加盟13カ国の4月の原油生産量は日量2508・3万バレルで、前月から2・6万バレル増加。イランの産油量は239・3万バレルで、前月比22・6万バレル増加した。イランでは核協議が進展し、原油輸出が再開されれば、需給が緩む恐れがある。6月の大統領選挙に向けて、対外強硬路線のライシ師への候補一本化が進んでいる。

    残り117文字(全文458文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事