マーケット・金融

株・債券の保有割合(預証率) 6割超で増加

 金融機関の預金残高に対する有価証券残高の比率を「預証率」といい、資金の運用状況を示す重要な指標である。預証率は有価証券÷(預金+譲渡性預金)で算出する。有価証券は国債、地方債、社債、株式、その他の証券の合計だ。

 銀行は、預金として集めたお金を貸し出しや有価証券で運用して利ざやを稼ぎ、業務純益を確保する。預証率が高いほど、預金に対して有価証券の運用額が大きいことを意味し、業務純益も運用成績に左右されることになる。保有する株や債券の価格が上がれば利益が出るが、下げれば損失が出るなどリスクの高い稼ぎ方と言える。

 2021年3月期決算で開示した地銀99行の預証率は平均22.24%。預証率が前期より増加した地銀は66行に上った。99行の合計預金残高は374兆3163億円(前年比9.06%増)に対し、有価証券残高は85兆1679億円(10.84%増)だった。

 預証率トップの八十二銀行は42.57%で、「株式市況が好調で、保有している地元の信越化学工業などの株式の含み益が大きくなった」。また、前期差で1.32ポイント増加した6位の京都銀行は「ゼロゼロ融資を預金に入れるケースもあったが、長く保有している任天堂や日本電産の株式が好調で預証率が上がった」とみている。

100行ランキング表はこちら

 一方で、預証率が上昇した背景には、日銀の超低金利政策により貸し出しで利ざやを稼ぎにくくなった地銀が、資金運用を有価証券にシフトさせたからだとみられる。

 また、地銀の中には米国債を中心に外債に投資して利益を得ているところもあった。しかし、米金利が高くなると、「含み損」が膨らみ損失を被ることになるため、資金を外債から利回りのいい10年、20年物の日本国債に切り替える動きもある。

   *   *   *

地銀データを販売します

 今回の全行ランキングの算出にあたって、エコノミスト編集部が作成したエクセルデータを販売します。

 総資産、コア業務純益、経常利益、経費、コア経費率(OHR)、自己資本比率、預金残高、貸出金、貸出金利回り、有価証券残高、有価証券利回り、預証率、その他要注意先債権残高、ROA、与信費用、与信関連費用率、中小企業等貸出残高、卸売・小売業向け貸出金残高、各種サービス業向け貸出金残高、平均年収、平均年齢、従業員数など、全100行分を一覧表にしています。項目ごとに昇順、降順で並び替え可能です。販売価格は5万円です。

 ご希望の方は、eco-mail2@mainichi.co.jp まで、地銀ランキングデータ希望とお書き添えの上、メールでお申し込みください。6月末からエクセルファイル形式で提供します。

(読者のご要望が多かったため、今回は試験的に販売するものです。都合により、予告なく販売を終了する場合もございますので、予めご了承ください)…

残り83文字(全文1263文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事