国際・政治

中国の半導体国産化計画が迷走!相次ぐプロジェクト頓挫で暗雲=湯浅健司

    事実上破綻した弘芯半導体の本社工場。工事用クレーンが置き去りにされ、廃墟のようになっている(中国・武漢市で2021年4月)
    事実上破綻した弘芯半導体の本社工場。工事用クレーンが置き去りにされ、廃墟のようになっている(中国・武漢市で2021年4月)

    半導体 相次ぐ国産化計画の頓挫 技術力と資金力不足を露呈=湯浅健司

     米国との対立姿勢を強める習近平政権は、国際的なサプライチェーン(供給網)から外されるデカップリング(分断)を恐れ、「産業のコメ」である半導体の国産化を急いでいる。手厚い支援策を通じて各地に生産拠点を整備する計画だが、指導部の思惑とは裏腹に、計画が頓挫するケースが相次いでいる。

    残り2551文字(全文2724文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事