【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

東京株:FRBタカ派化、割安日本株は反転へ(秋野充成)

東京市場 ストラテジストが読む 金利低下に転機、日本株に反転の芽=秋野充成

 6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)が終了し、16日公表された政策金利見通し(ドット・チャート)では、FOMC参加者らが2023年末時点で適切だと考えるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は中央値で0・62%だった。3月までの0・12%から大幅に切り上がり23年中に2回の利上げが中心的な見方となっている。

 利上げ予想の前倒しの背景にあるのは、持続的なインフレへの懸念だ。FOMC参加者の予想では、物価指標である個人消費支出(PCE)デフレーターはコアベース(エネルギー・食品除く)で21年中央値が+3・0%と3月時点(+2・2%)から大きく引き上げられた。利上げ時期の前倒しにより、量的金融緩和の縮小(テーパリング)開始の時期も想定より早まる可能性が高い。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は足…

残り511文字(全文905文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事