マーケット・金融THE MARKET

日銀短観6月調査、業種間の景況感格差はさらに拡大か=上野剛志

今週のポイント 日銀短観6月調査(7月1日) 景況感格差がさらに拡大へ=上野剛志

 7月1日に公表される日銀短観6月調査では、景況感の改善ペースについて、製造業と非製造業の格差がさらに拡大しそうだ。前回3月調査では全規模製造業の業況判断DIが14ポイント上昇する一方で、非製造業の上昇幅が2ポイントにとどまるなど、改善ペースの差が目立っていた。

 今回も製造業ではワクチン接種が進む欧米向け等の輸出の増加や円安基調の継続などを受けて、景況感が明確に改善すると予想される。一方、非製造業では一部休業要請や酒類提供禁止を伴う3度目の緊急事態宣言発令による対面サービス需要の低迷などを受けて、景況感が伸び悩むと見込まれる。

残り411文字(全文717文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事