資源・エネルギー

「環境強国」へ猛スピードで突き進む中国の恐るべき「野心」=佐藤一光

    中国の太陽光パネルと風力発電機。広大な国土は再エネ導入にも有利だ(中国甘粛省) (Bloomberg)
    中国の太陽光パネルと風力発電機。広大な国土は再エネ導入にも有利だ(中国甘粛省) (Bloomberg)

    中国の「野心」 再エネ、森林整備も一気に 脱炭素の速度は米国の倍=佐藤一光

     世界は脱炭素を競い合う段階に移行した。1997年に京都議定書が締結され、温室効果ガスを削減する国際的な枠組みができた。しかし、米国などの離脱や途上国に義務付けがないなど、議定書の有効性は不十分なものであった。97年には227億トンだった二酸化炭素(CO2)排出量は2019年には342億トンとなり、約20年で50%も増加してしまった。00年以降のCO2排出の増加の主役は中国であり、この間の排出量は33億トンから98億トンと3倍増、世界の増加量の57%を占めていた。

     ところが、その中国が急速に脱炭素へとシフトしてきている。経済の脱炭素度を示す国内総生産(GDP)当たりのCO2排出量について、中国はいまだ先進諸国に届かないものの急激に改善している(図1)。19年には99年の米国に相当する水準に到達している。

    残り2129文字(全文2522文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事