マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 海運株に押し目買い余地=藤戸則弘

    世界的に船舶海上運賃の高騰が継続している。一般産業機器、雑貨、玩具などを運搬するコンテナ船運賃(40フィートコンテナ、香港─ロサンゼルス間)は6月23日、7365ドルと史上最高値を更新した。昨年3月の安値1325ドルから、実に5倍以上の高騰である。

     また、鉄鉱石、原料炭、農産物などを運搬するばら積み船の海上運賃も上昇傾向が持続している。代表的なバルチック海運指数は今年5月の高値から反落する局面もあったが、6月17日には再び高値3267ポイントを付けるに至っている。昨年5月の安値393ポイントから8倍以上の高騰だ。

     海上運賃高騰の背景には、第一に新型コロナウイルスの感染拡大によるショックを克服し、世界経済が回復傾向を鮮明にしていることがある。経済協力開発機構(OECD)の今年5月の見通しでは、今年の実質国内総生産(GDP)成長率は、中国8・5%、米国6・9%をはじめ、世界全体も5・8%に上方修正された。年後半には、欧州、新興国、日本などの回復が加わる見込みで、海運・貿易需要は一段と高まる可能性が高いと思われ…

    残り400文字(全文859文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事