投資・運用THE MARKET

NY市場はポジティブサプライズが株価を押し上げへ=村山誠

NY市場 ポジティブサプライズに注目=村山誠

 発表が本格化している米企業の2021年4~6月期決算では、前年の同期にコロナ禍の影響があったこともあり、調査会社リフィニティブの7月9日時点の集計によれば、前年同期比61.6%増と大幅増益が予想されている。ただし利益額をみると、4~6月期は45.21ドルと、直前の1~3月期の49.13ドルより減少する予想となっている。

 米景気が回復している局面において、利益額が減少する不自然な予想となっている要因は、1~3月期については決算実績が反映され、1株当たり利益(EPS)が引き上げられているのに対し、4~6月期以降についてはアナリストの業績予想の見直しが追い付いていない可能性が考えられる。また、4~6月期について前年同期比60%を超える四半期EPSを予想していることから、現在の予想以上に業績予想を引き上げることに慎重に…

残り114文字(全文497文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事