投資・運用THE MARKET

ドル・円 ドル高継続=高島修

ドル・円 ドル高継続=高島修

 為替市場は奇妙なドル高が進んでいる。6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で“利上げ示唆”というサプライズ後も米長期金利は緩やかな低下基調となり、それを好感した米株は底堅い。

 典型的なリスクオン環境にあるが、従来のようにドル安とはならず、対ユーロや対豪ドルなどでドルは反発色を強めている。

 解釈の難しいドル高だが筆者の理解はこうだ。欧米勢のリアルマネー(長期投資家)を中心に、予想外の上昇を続ける米株に高値警戒感がある。米株調整の引き金となり得る要因の筆頭候補は米金利上昇で、リスクヘッジとして米国債は保有しがたい。

残り160文字(全文433文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事