経済・企業

半導体は市場拡大止まらず、2021年は前年比20%の大幅増に=津村明宏

    半導体需要は非常に好調だ (Bloomberg)
    半導体需要は非常に好調だ (Bloomberg)

    半導体 今年は20%成長を予測 グリーン投資も後押し=津村明宏

     半導体市場は当面成長が続くと見込まれる。コロナ禍に伴う巣ごもり需要は、ワクチン接種の拡大で一服感が強まりそうだが、「リモート」や「非接触」の普及などで、デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速。第5世代移動通信規格(5G)インフラの世界的な拡充や自動車市場の回復も相まって、半導体の供給不足が継続しているためだ。

     世界の主要半導体メーカーで構成する「世界半導体市場統計」(WSTS)の予測によると、半導体市場の成長率を2021年は19・7%、22年は8・8%と予測している。足元の非常に強い半導体需要が急速に弱まる要因が見つからず、コロナワクチンによる経済活動の正常化も期待されており、21年、22年ともに、全製品でプラス成長すると予測している。

     調査会社の米ICインサイツは、21年の市場成長率見通しを当初の19%から24%へ引き上げた。

    巨額増産投資も活発化

     WSTS、ICインサイツともに、21年はDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)、NANDフラッシュメモリー(書き換え可能で、電源を切ってもデータが残る不揮発性メモリー)を中心とするメモリー市場が30%成長するとみている。データセンターへの投資活発化などで、価格上昇が見込まれるためだ。また、自動車の電動化に向けた需要増や供給不足に伴うファウンドリー価格の上昇などにより、アナログICやディスプレードライバーICなども価格が上昇する見込みで、これらも市場拡大に寄与する。

     半導体供給不足の解消に向けた、メーカーの増産投資も活発化している。加えて、米…

    残り450文字(全文1150文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事