週刊エコノミスト Online

商社2021 財務&注目事業 丸紅 農業 農業資材・穀物の相乗効果

    過去最大赤字一転、最高益水準に

     2021年3月期連結最終(当期)利益は、2253億円。19年3月期の過去最高益(2308億円)に迫る勢いだった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅損失を計上し、過去最大の1974億円の最終赤字に陥った20年3月期から黒字転換した。

     穀物価格上昇を追い風とした子会社「ガビロン」の黒字転換や、銅価格上昇によるチリ銅事業の好調さが目を引く。コツコツと構築してきた事業も収益を伸ばした。17年に買収した米牛肉生産販売「クリークストーン」事業は、コロナ下の米国で牛肉価格が上昇したことも増益要因だったが、販路を従来の飲食店向け中心から、ウォルマートなど小売店向けにも広げたことも奏功した。

     20年3月に航空機リース「エアキャッスル」の株式を約1200億円で追加取得して、持ち分を75%に引き上げたが、直後にコロナ感染が拡大した。21年3月期は総額56億円の関連減損を計上した。航空需要の回復に命運がかかる。

    残り1280文字(全文1697文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事