週刊エコノミスト Online

楽天の仮想化技術に立ちはだかるこれだけの壁

    半導体不足を理由に国内ではサービスエリアの整備が遅れている
    半導体不足を理由に国内ではサービスエリアの整備が遅れている

    仮想化技術を輸出する楽天に立ちはだかるいくつもの壁=佐野正弘

     楽天モバイルを通じて「第4のキャリア」として携帯電話事業に参入した楽天グループが、汎用(はんよう)のサーバーとソフトウエアで実現する「仮想化」と呼ばれる通信技術の海外展開を進めている。8月4日には、同社のネットワーク技術をドイツの携帯電話会社である「1&1」に輸出することを明らかにした。ただ、仮想化ネットワーク技術の販売には多くの壁も存在する。

     仮想化技術を全面的に採用した楽天モバイルの「完全仮想化ネットワーク」は、大手通信機器メーカーの高価な通信専用機器を使用せず、汎用サーバーでネットワークを構築できるのが最大のメリットだ。これにより、従来のネットワーク構築に比べて設備投資を4割、メンテナンス費用を3割程度、それぞれ抑えることができるという。

     同社はこの完全仮想化ネットワークを、自社利用だけでなく、プラットフォーム化して他社に販売することを目指してきた。今回発表された1&1は、この技術を全面的に輸出する初の大型顧客で、楽天グループは今後10年間にわたって1&1に完全仮想化ネットワークを提供し、同社の携帯電話網の構築を進めていくとしている。

     楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は、8月11日に開かれた2021年6月中間決算の説明会で、モバイル事業の23年度の黒字化目標について、「(完全仮想化技術の海外販売の動向次第で)1年早めるのは難しいが、少し前倒しというのは可能になってくると思う」と強気の見解を示した(同期のモバイル事業は1972億円の営業赤字)。

     さらに、三木谷会長兼社長は、仮想化ネットワークの市場は15兆円規模に成長すると説明。そこにいち早く取り組んだ同社グループが「すさまじいマーケットシェアを取れる」と、海外への技術販売に強い期待を隠さなかった。

    処理能力など劣る部分も

     しかし、実際には仮想化ネットワーク技術の販売にはいくつものハードルが立ちはだかる。そのハードルの一つが、エリクソン(スウェーデン)やノキ…

    残り1537文字(全文2387文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事