マーケット・金融

国際収支の発展段階 衰える日本の「稼ぐ力」 「悪い円安」にも警戒を=高島修

     筆者が思うに、その時々のマーケットは需給が全てである。ファンダメンタルズ(基礎的条件)は数年単位の動向を占う上では、それなりに意義があるが、短期的にはそのファンダメンタルズの変化が投資家の行動など需給の変化に、どのような影響を及ぼすかという観点で、その時々の市場インパクトを考える必要がある。

    拡大はこちら

     筆者は構造的な円安論者だが、この数年はドル・円下落(ドル安・円高)リスクを指摘してきた。特に昨年以降は、新型コロナウイルスの危機対応で、米国は大胆なリフレーション(金融緩和)政策に踏み切った。財政政策が拡張色を強める中で、米連邦準備制度理事会(FRB)はゼロ金利政策など歴史的な金融緩和策を断行。財政状況が悪化する中で10年国債利回りは一時0・5%を下回った。その際、日米長期金利差はドル・円が1ド…

    残り2316文字(全文2669文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事