【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online

INTERVIEW 渡辺努(東京大学大学院教授) 「物価上昇にカルテルの一時容認を」

INTERVIEW 渡辺努(東京大学大学院教授) 「物価上昇にカルテルの一時容認を」

── 日本では外食など諸物価が海外に比べて安いとの認識が広がっている。

■日米の外食物価を比較すると1990年代半ばごろまでは右肩上がりの物価上昇傾向に乗っていたが、その後は米国が順調に伸びているのに対して日本はほぼ平らになっている(17ページ図1)。微妙に上がっているのは消費税率引き上げの影響によるもので、価格はほとんど上がっていない。日銀が2013年4月に「異次元緩和」を始めて為替は円安に反転し、本来なら日本の価格は上昇するはずだったがそうならなかった。結果的に日本は安いということになった。

残り1204文字(全文1495文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事