マーケット・金融

パラダイム転換 1ドル=120円常態化も 円高要因はもうなくなった=唐鎌大輔

1ドル=75円台で推移した超円高は過去のものに(2011年10月、東京の外為ブローカーで) Bloomberg
1ドル=75円台で推移した超円高は過去のものに(2011年10月、東京の外為ブローカーで) Bloomberg

パラダイム転換 1ドル=120円常態化も 円高要因はもうなくなった=唐鎌大輔

 これまでの日本では、「リスク回避ムードの高まり≒円高≒恐怖」という価値観が一つの社会規範のように定着してきた。それゆえに政権・政策担当者や輸出企業を筆頭とする民間企業においては「いかに円高のダメージコントロールを図るか」が重要な問題意識になってきた。過去10年あまりをさかのぼれば、2008年のリーマン・ショックや11年の東日本大震災に伴う超円高の強烈なイメージもあり、いまだにその社会規範は根強いように思う。

 だが、近年では「安全資産としての円買い」「リスクオフの円買い」の迫力が薄れており、かつてのような激しい変動を伴う円相場の騰勢をすっかり目にしなくなっている。

「円は安全」の根拠とは

 こうした状況のもと、構造変化を察して、超長期の時間軸で見た円相場に関し、照会を受けることは増えている。考えるべき要因は複数考えられるが、やはり金利、需給、物価といった基礎的経済条件の整理は重要である。

 特に、これまで円が強いと言われてきた背景には、日本が世界最大の対外純資産国であることを背景にした「盤石の需給」と、「上がらない物価」があった。ゆえに、需給と物価という二つの論点を丁寧に点検することが、円の展望を語ることにつながると筆者は考えている。

 まず需給をみると、世界最悪の政府債務を抱えながら円は、常に「安全資産の円」と呼ばれ危機時の逃避先に選ばれてきた。大きな理由は、日本が四半世紀以上にわたって世界最大の対外純資産国の地位を維持していることだ。20年末時点で日本は、357兆円の対外純資産を保有し、30年連続で、世界最大の地位を維持した。自国保有の外貨は通貨防衛(自国通貨買い)に使える「弾薬」だ。極端に危機ムードが高まった際、まず弾薬が多い通貨にすがるのは合理的である。

変わる円の需給構造

 しかし近年、対外純資産の構造は変化しつつある。00年代前半、日本の対外純資産と言えば、半分以上が証券投資だったが、今や直接投資が半分に迫っている(図1)。直接投資とは海外企業買収の結果だ。10年以降、直接投資比率は上がり続け、20年末時点では直接投資47%に対し、証券投資は28%と大きな差がある。これは近年「リスクオフの円買い」が鳴りを潜めていることに関係があるように思う。

 というのも、「リスクオフの円買い」とは海外に投資…

残り1445文字(全文2445文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事