週刊エコノミスト Online闘論席

新しい革新政党に求めれる 矛盾や禁忌を打破し続けた大島渚の精神

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    片山杜秀の闘論席

     大島渚(なぎさ)。戦後を代表する映画監督である。デビュー作は1959年の「愛と希望の街」。戦後復興から高度成長に向かう時代。が、貧富の差はまだまだ激しい。そんな日本に母一人子一人の貧しい家庭がある。母子はグルで鳩を売る。鳩には帰巣本能があり、隙(すき)を見てドヤ街に帰ってくる。

     すると、先に売ったのとは別人にまた売る。一種の詐欺と言える。でも、そうせねば生きられない。少年の詐欺をなじる前に、貧困問題の全面的解決をはかれ。

     だが、やがて貧富の差は縮む。もはや社会や経済の革命は不要かもしれない。大島は目標を変える。76年に「愛のコリーダ」を世に問う。阿部定事件に材を得たハードコア・ポルノ映画である。きれいごとの市民道徳によって隠されてきた男女の生々しい性表現を銀幕に解放しよう。一種の文化革命であろう。大反響を呼んだ。じきに性表現はより自由になった。「愛のコリーダ」の破壊力も社会に吸収されていった。

    残り387文字(全文798文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事