経済・企業

外せない!株テーマ 脱炭素、半導体、アフターコロナ=和島英樹

    脱炭素の切り札である再生可能エネルギー関連は成長 Bloomberg
    脱炭素の切り札である再生可能エネルギー関連は成長 Bloomberg

     2020年10月の所信表明演説で、菅義偉首相(当時)が「50年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする。すなわちカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した。

     今年4月の米政府が主催する気候変動に関するサミット(首脳会議)では、日本は30年に向けた温室効果ガスの削減目標について、13年度比で46%減らすと表明している。その中でも政府は再生可能エネルギーについては洋上風力発電を軸にしている。30年までに1000万キロワット、40年までには浮体式を含む3000万~4500万キロワットを目指す。投資の促進も促していく。

     水素や燃料アンモニアの普及も目指す。このほか、アンモニア・水素の混焼やCCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)など非効率な火力のフェードアウトも急ぐ。太陽光やバイオマスといった再生可能エネルギーも拡充する。

     9月に「デジタル庁」が創設され、マイナンバーカードの保険証利用、デジタルによる社会や経営の変革「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が一層進んでいく。通信量の拡大には、高性能の半導体が不可欠となっている。

     従来の通信速度の100倍という高速通信規格「5G」の普及が進んでいることや、ウィズコロナでテレワークが常態化し、「GIGAスクール」構想など授業のオンライン化、さらにはオンライン診療の促進も要因となっている。

     半導体は性能を高めるため…

    残り327文字(全文927文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事