マーケット・金融THE MARKET

南アフリカ株 株価上昇に期待=堀江正人

 南アフリカのアフリカ全株指数は、昨秋の米大統領選後から上昇し、今年3月に過去最高値を記録した。7月には有罪判決を受けたズマ前大統領の収監に反対する暴動が拡大し、商店、工場、物流インフラなどに大きな被害が出たが、南アフリカの主力輸出品である鉱物資源の価格上昇という追い風もあって、株価の大幅下落までには至っていない。

 一方、今年4~6月期の経済成長率は前期比1・2%増と、4四半期連続のプラス成長で、景気回復の動きは持続している。他方、新型コロナウイルス感染については、5~7月に第3波の感染拡大が発生したものの、7月以降、感染拡大は沈静化している。

残り153文字(全文428文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事