マーケット・金融THE MARKET

長期金利 低下材料なく0.05~0.1%=丹治倫敦

     9月28日の本稿執筆時点で、日本国債10年利回りは、プラス0・05%を超える水準まで上昇している。

     菅義偉首相(当時)の自民党総裁選不出馬を受けて、経済政策への不透明感が強まったことに加え、米国の10年国債利回りが、1・5%まで上昇してきたことも、影響したとみられる。

     米金利は、元々利上げのペースや最終到達点に関して、市場関係者が過剰にハ…

    残り257文字(全文428文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事