経済・企業

半導体・IT、注目の11銘柄=今中能夫

半導体・IT 11銘柄=今中能夫

 最先端の微細化技術、露光装置、AI用GPUなど、独自の強みをもつ企業への引き合いは強い。

(今中能夫・楽天証券経済研究所チーフアナリスト)

TSMC(TSM) 3ナノ量産に300億ドル超の投資

 台湾で創業された世界最大の半導体受託生産業者(ファウンドリー)。半導体業界は、従来の開発から生産、マーケティング、販売を1社で行う垂直統合モデル(代表例がインテル)から分業モデルに変わりつつあり、TSMCはこの流れに乗って成長している。

 また、2022年に回路線幅3ナノの最先端製品の量産開始と半導体不足に対応するため、年間300億ドル以上の大型設備投資を実施中である。分野別売上高では、通信(主にスマートフォン)向けからHPC(高性能コンピューティング)向けに成長分野がシフトしている。

残り3515文字(全文3871文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事