マーケット・金融

NISA、iDeCo 投資非課税制度のみではFIRE生活に不十分=深野康彦

    NISA、iDeCo 投資非課税制度のみではFIRE生活に不十分=深野康彦

     昨年あたりから経済的な独立や早期リタイアを目指す「FIRE」なる言葉が流行している。夢も希望もないと怒られるかもしれないが、勤労所得なしでは、単身・家族持ち問わず数億円規模の資産を保有していない限り、FIREは無理だと肝に銘じたい。

     たとえば、45歳でFIREするとしよう。生活費が65歳まで月25万円(年間300万円)、65歳以降は月20万円(年間240万円)かかり、男性の平均寿命より少し長い85歳まで生きるとしよう。生活費は合計1億800万円。65歳以降は年金が得られるが、45歳でFIREすれば年金額は月10万~12万円程度ではないか。仮に12万円とすれば20年間で2880万円の収入となり、生活費1億800万円から差し引くと、FIRE時に7920万円が必要ということになる。

     しかし、上記の支出は食費や水道光熱費、通信費などの基本生活費だけで、旅行などの余暇費用、子どもの教育費、車の買い替え費用、医療費などは一切考慮していない。希望するライフスタイルを実現するには、生活費以外のお金も相応に準備する必要がある。生…

    残り743文字(全文1243文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事