マーケット・金融

長期投資に向く厳選の米国ETF8銘柄=今井正之

    長期投資に向く厳選の米国ETF8銘柄=今井正之

     FIRE(経済的な独立、早期リタイア)達成のための資産形成には、高リターンの投資先が長期間・安定的に収益を上げることが必要とされる。米国株式のETF(指数連動型の上場投信)は、そのニーズを満たす受け皿として機能している。

     米国経済は今後も長期的な成長が見込まれる。米国株の場合は、たとえ株価が割高な時期に投資を始めたとしても、長期間投資を続けていればさらなる上昇が期待できる。また、米国株ETFは「株式指数連動型」や、高配当株などに絞った「テーマ型」など多数の種類がある上、個々の商品が集める資金規模が大きく、後述するように経費率を下げやすい。

     S&P500株価指数をベンチマークとする低コストのインデックスETFは、日米で多数上場されており、手軽に始められる。純資産総額世界トップの「SPDR S&P500 ETF」(日米で上場)、同2位の「iシェアーズ S&P500 ETF」(日本では「iシェアーズ S&P500 米国株 ETF」として上場)、同4位の「バンガードS&P500ETF」などだ。

    残り2510文字(全文2983文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事