マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 悪い円安の始まりか=佐々木融

 世界の経済成長率見通しは下方修正が続く一方、インフレ率見通しは上方修正が続いており、投資家は世界経済がスタグフレーションに陥るリスクを意識し始めている。スタグフレーションは供給ショックに伴うインフレ率上昇と潜在的な成長減速を指し、短期的にはリスクオフのような状態となって円高圧力を加える可能性がある。

 同時に考えなければいけないのは、原油などコモディティー(国際商品)価格の上昇が続けば、日本の貿易収支が悪化し、貿易赤字が拡大する可能性が高いことだ。貿易赤字の拡大は円安要因となるが、日本の製造業の多くが生産を海外に移転したため、円安でも輸出が増えない構造になった。

残り133文字(全文417文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事