週刊エコノミスト Online

インフレが2022年のカギ。原油価格の上昇で化学業界は明暗分かれる

化学コンビナートは原油価格に翻弄される(三重県四日市市) Bloomberg
化学コンビナートは原油価格に翻弄される(三重県四日市市) Bloomberg

 2022年はインフレが株式市場にとっても重要なテーマとなるだろう。特に原油価格の上昇は、化学業界を直撃する。

 化学品の主原料であるナフサは、原油から精製され、原油価格の上昇に連動して価格が上がる。原料に近い製品を扱う総合化学や塗料業界には短期的にネガティブな影響が懸念される。逆に川下に近い電子材料業界は、強い半導体需要や、原材料費以外のコスト削減などが貢献し、総合化学と比べて影響が軽微に留まり、好調が続くと見る。

 21年は新型コロナの収束に伴う経済活動の再開で、化学品の需要が回復し、加えて、供給面では北米の寒波やハリケーン、中国での環境規制の強化などが重なった結果、化学品市況は高水準で推移した。

残り1458文字(全文1760文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事