週刊エコノミスト Online

バージニア州知事選で実証 共和が示した「勝利の方程式」=吉村亮太

ヤンキン氏勝利に沸く共和党だが、勢いを保てるか Bloomberg
ヤンキン氏勝利に沸く共和党だが、勢いを保てるか Bloomberg

 ホワイトハウスから西へ5分も車で走ると、ポトマック川を渡りバージニア州に入る。同州の知事選は、大統領選の翌年に設定されているため、大統領の1年目の評価が反映されるといわれているが、さらにその次の年に予定されている中間選挙の前哨戦と位置づけられ、先行指標として注目される。地方選でありながら国政選挙並みの扱いを受けるのは、「谷間」の年に実施される数少ないレースであることと、首都ワシントンDCに隣接するという同州の地理的要因が大きい。

 同州の知事選は11月2日に実施されたが、大手投資会社の共同CEO(最高経営責任者)だった共和党候補グレン・ヤンキン氏が、元知事で民主党候補のテリー・マコーリフ氏に競り勝った。ほんの1年前の大統領選では民主党のバイデン氏が共和党のトランプ氏に余裕で勝利した州だっただけに、民主党内に衝撃が走った。

 選挙公約が十分に実現できていないこと、インフレ、アフガニスタン撤収時の失態などに失望した無党派層のバイデン離れが進行中で、現職大統領の不人気がマコーリフ氏にとって向かい風になったことは間違いない。そして、争点だった経済、教育、人種問題で効果的なメッセージが出せなかったのも敗因とされる。バージニア州北部もカバーする当地のローカルテレビ局では、朝から晩まで両陣営のスポットCMが流れていたが、ヤンキン氏を「トランピズムを推進する候補」として警鐘を鳴らすことに終始したマコーリフ氏のキャンペーン戦略は、芸がなかったといわれても仕方がない。

 一方で、ヤンキン氏は共和党支持者を引きつけるためにトランプ氏が進めた政策に理解を示しつつも、無党派層が拒否反応を起こさぬようにトランプ氏との距離を保った。

 トランプ氏を否定するわけでもなく、だからといって積極的に肯定するわけでもない絶妙なバランスが、中道寄りの共和党候補にとって「勝利の方程式」たり得ることが今回の選挙戦で実証された…

残り506文字(全文1306文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事